2009年03月16日

侍JAPAN、「つなぎの野球」で怪腕攻略

キューバに快勝し、ハイタッチする日本の先発・松坂(中央)=ペトコ・パーク(斎藤浩一撮影)第2ラウンド初戦を勝利しハイタッチで喜ぶ日本代表ナイン=米国カリフォルニア州サンディエゴ・ペトコパーク

 日本は未知の怪腕、チャプマンに正面から立ち向かい、中盤までに5点を奪って快勝した。最速101マイル(約163キロ)と前評判通りの快速球をみせたが、ストライクとボールがはっきりするなど制球難は明らか。日本打線は落ち着いて、その弱点を突いた。

関連記事

記事本文の続き それが三回に功を奏す。先頭の城島がチーム初安打となる中前打。その後、岩村と片岡の安打などで一死満塁とする。岩村と片岡は打者有利のカウントから、ストライクを取りにきた直球を狙い澄まして打ち返した。ここでチャプマンをKO。難敵攻略で、流れは日本へ傾いた。

 相手投手の暴投で均衡を破ると、青木の適時打、村田の左犠飛でそつなく加点。五回までの10安打中、単打が9本。選球眼の良さ、ミートの正確さなど、日本らしさを生かした「つなぎの野球」が機能し、強敵を撃破した。(共同)

この記事は下記より引用しています。
侍JAPAN、「つなぎの野球」で怪腕攻略 (2009年3月16日 9:37 iza)

posted by ニュースな人 at 12:10 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。