2009年03月25日

WBC優勝!厳しい姿勢貫き…侍率いた原辰徳監督

WBC連覇を達成し喜ぶ侍ジャパン(AP) 3回、小笠原の適時打で生還した中島を迎える原監督=現地時間23日、ドジャースタジアム(撮影・斎藤浩一)

 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスで決勝戦が行われ、前回優勝の日本と北京五輪金メダルのアジア対決は、日本が延長十回、イチローの決勝タイムリーで突き放し、5−3で競り勝った。

全部見せます!「侍JAPAN WBC制覇」特集サンスポ特別版「WBC速報日本連覇」26日発売 今大会2勝2敗で迎えた日韓5度目の対決は、日本の先発は岩隈(楽天)が八回二死まで一人で投げ切り2失点の好投が光った。

 日本は三回、韓国の先発左腕、奉重根から中島(西武)の安打などで一死一、三塁のチャンスを作り、小笠原(巨人)の右前タイムリーで先制した。

 岩隈は三回までパーフェクトのピッチングをみせたが、五回に秋信守(インディアンス)にセンターオーバーのソロ本塁打を許し、同点とされた。

 拙攻を重ねた日本は七回に中島の左前タイムリーで勝ち越し、八回には岩村(レイズ)の左犠飛でリードを広げた。

 日本は岩隈を継いだ杉内(ソフトバンク)が八回を締めたが、九回のマウンドに上がったダルビッシュ日本ハム)が2四球とタイムリーで同点に追いつかれた。

 延長十回、内川、岩村の安打などで二死ニ、三塁とし、イチローの中前タイムリーで2点をあげた。これで生き返ったダルビッシュがその裏の韓国打線を封じ、歓喜の輪の中心となった。

---

 ずいぶんと古い一枚の写真がある。写っているのは、東海大時代に日本代表のユニフォームを着た原監督の笑顔だ。「ジャパンは、誇りであり、あこがれである」。日本代表監督に就任した昨秋以来、常に繰り返す言葉は、指揮官の変わらぬ思いである。

全部見せます!「侍JAPAN WBC制覇」特集サンスポ特別版「WBC速報日本連覇」26日発売 日本球界で随一の人気を誇る巨人で主力として戦い続け、監督5年間で3度のリーグ優勝。その強い精神力は、国際大会でも折れることがなかった。「スポーツというのは元来、プレッシャーがかかるのが当たり前。だけど、野球というのはその中から2倍、3倍の力を出せることがある」

 父であり、アマチュア球界の名将と呼ばれた貢氏も「監督という仕事は、チームが厳しい状況に追い込まれると、本当に苦しい。だけど、辰徳(原監督)は、胃や腸を痛めたことがない。それだけタフということなんだろう」と明かす。

 選手には大会中、常にコンディションの維持を求めた。代表選考に際しても、故障明けやけがで不安を抱える選手を落とし、渡米後に発熱した中島も体調が戻るまで容赦なくベンチへ下げた。調子が上がらない藤川を抑えから外すなど、北京五輪で星野仙一監督が体調不良の選手を起用し続けたのとは対照的に、厳しい姿勢を貫いた。

この記事は下記より引用しています。
侍ジャパン韓国撃破!イチロー決勝タイムリー (2009年3月24日 14:40 iza)<BR>
WBC優勝!厳しい姿勢貫き…侍率いた原辰徳監督 (2009年3月24日 15:00 iza)

posted by ニュースな人 at 12:24 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。